星を研究する人

星や宇宙、占星術、タロット、哲学、心理学、潜在意識や引き寄せ、悟りといった、学問的なものからスピリチュアルなものまで、興味あることを自分なりに理解しまとめるためのブログ

1年の象徴は木星でみる-年間の運勢の見方-

秋分の日といえば、昨日太陽が天秤座に移動しました。


そして本屋に行ったら、石井ゆかりさんの星ダイアリーが置いてありました。

www.gentosha-comics.net

そうか、もうそんな季節かと思った。


石井ゆかりさんの星ダイアリーは昨年から星座別ダイアリーになってしまったが、個人的には今までのような全体のやつのが欲しい。笑

というのも、以前の記事でも書いたけど、自分はアセンダント星座と太陽星座で運勢を見比べて検証してるので、運勢を載せてる本はどんな本でも星座別になると2冊見ることになるから。笑

石井ゆかりさんは、もはや説明不要の有名な占星術ライターだが、言葉のチョイスが絶妙で、やさしく、女性のファンが多い。
私も雑誌で載ってるとたまに読みますが、抽象的で多彩な比喩表現が特徴。
抽象的ってところが味噌で、その多彩な比喩の言葉のなかから、それぞれ個人が個人的な事象を連想しやすいようになっている。

今年も星座別にその年を象徴するテーマが表紙に書かれているけど、
相変わらず、言葉の表現が秀逸だなぁと思った次第で。


西洋占星術の知識が少しでもある人には、そのテーマが何を表しているのか非常にわかりやすいと思うので、この機会にこの秋から来年の秋までの運勢と星の関係について備忘録にメモしときます。

運勢の星の動き


基本的に、運勢の見方は以下の↓記事に全て書いたとおりなのですが、
astro.hateblo.jp

この仕組みを活用して、星の動きに合わせて、そのスパンで日間、週間、月間、年間と運勢が見れます。

星(天体)の動きの速さ

星の動きというのは、天体の公転速度のことです。
西洋占星術で使う、10天体はそれぞれ公転速度が違うため、地球を中心で見た場合も、地球(黄道ホロスコープ)を1周する速度(周期)が違います。


動きの速い順に

  • 月  →27.33日(約28日)
  • 水星 →約88日
  • 金星 →約225日
  • 太陽 →325.25日(約1年)
  • 火星 →約688日(約1年と11か月)


これら周期にあわせると、日間運勢(デイリー)は一番動きの速い月のサインとアスペクトをみます。
同様に、週間(ウィークリー)は、月と次に動きの速い水星、金星などを他のアスペクトとの関係を見ながら。月間(マンスリー)は太陽。年間は木星。このように周期にあわせて見るポイントの星が違います。
土星以遠の天体(トランスサタニアン)は、動きが遅いため、世代や時代の雰囲気を見たりするのに使うことが多く、日々の運勢に関しては、他の動きの速い天体へ与える影響(アスペクト)で主に見たりします。(何年単位でサイン移動するため移動する年は注目します)

年間の運勢は木星でみる


先ほど書きましたが、木星は1つのサインを約1年で移動します。毎年、大体秋頃。
なので、年間の星詠みには必ず木星はキーワードになってくるので、秋に1年の運勢が出る雑誌が多いのもその理由かと思います。

自分の木星の位置をチェック!

2016年秋から木星は、金星を支配星とする天秤座に入り、インスタ映えとか何やら影響のありそうなことがありましたが、2017年10月10日から木星蠍座へ。

木星蠍座入りの前に、今月末(9月29日)に冥王星が順行に戻るなど、他の星との兼ね合いもありますが、木星だけで単純にみるなら、木星×ハウスの象意ということでもざっくりと雰囲気つかめます。


読み方は基本的に前の記事のとおりですが、
自分のどのハウスに木星が入るのかをチェックすればよいわけです。


f:id:leon8:20170924163711j:plain


2018年はあなたの木星は何ハウス?


ソーラーサインハウス方式のハウスだと、太陽星座から数えて、木星のある星座の位置まで数えればよいですが、プラシーダス等ですと、人それぞれ変わってきます。

ハウスの象意は、ざっくりですが、以前の記事の最初の方に記載してますので、自分の木星が来る位置のハウスと照らし合わせてみるといいかもです。



ここで、ソーラーサイン方式でみた星座別の今年の秋からの木星の位置のハウスと、せっかくなので、最初に紹介した石井さんの2018年の星ダイアリーの表紙の言葉の対応を見比べてみますと、これだけでも木星×ハウスの表現の仕方がとてもわかりやすいです。


牡羊座木星8ハウス→ かげがえのない宝物を授かる。
牡牛座:木星7ハウス→ パートナーシップと真の自由。
双子座:木星6ハウス→ 花から花へ、ゆたかな忙しさ。
蟹座:木星5ハウス→ 胸がふくらむ、愛の年。
獅子座:木星4ハウス→ 大事な人に、心をわけあたえる。
乙女座:木星3ハウス→ 親密なコミュニケーション。
天秤座:木星2ハウス→ 大切なものを、手の中に育む。
蠍座木星1ハウス→ 才能の宝石を輝かせる、主役の年。
射手座:木星12ハウス→ 本当の「自分」を知るための、道のり。
山羊座木星11ハウス→  幸せの「青い鳥」に会える年。
水瓶座木星10ハウス→ 成功への階段をのぼる。
魚座木星9ハウス→ 知性という翼で飛ぶ。


これは毎年木星のサインがずれていきますので、ホロスコープで捉えると仕組みがわかります。(例:昨年の双子座は木星5ハウス→今年の蟹座)
prtimes.jp



また、木星は吉星ですので、そのハウスに幸運のスポットライトが当たるというようにもとれます。
そう思うと、木星の恩恵を最大限に活用したいと思うこの頃。。笑

蠍座木星


木星×ハウスの感じがわかったところで、


蠍座木星について少し。

木星というものは、古来から最大の吉星✨と呼ばれる星で、拡大や発展・膨張を表します。

f:id:leon8:20170924170655j:plain


その木星蠍座に入るということは、木星蠍座カラーになるということです。
木星蠍座の性質を帯び、そのサインの象徴が木星の力で拡張されます。
ちなみに、基本的に吉星と言われてる木星ですが、良い面も悪い面も、分別なく拡大させます。笑


蠍座は、支配星は冥王星で、8ハウスとも関係していて、人の奥深い深い部分にアクセスする星座です。
なので、心理学やスピリチュアル、秘密、死、先祖、変容再生など、目には見えなくとも、奥底にある深い分野に関係があります。(そういや、自分が奥深いものが好きなのは月8ハウス関係してるのかな。。笑)
また生命を司ることから、医療系関係も蠍座の範疇です。
蠍座は、陰と陽、光と闇、生と死、見えるものと見えないもの、そういった相対するものを混濁し、矛盾もすべて飲み込むようなイメージです。

世相もディープになるような予感がしますね。笑


また、上記の流れを踏まえて、例に出しますと、
例えば、太陽星座が牡牛座の人は、牡牛座から数えて蠍座は7ハウスになります。


f:id:leon8:20170924175814j:plain


つまり木星が7ハウスにあるということになり、今年1年(木星蠍座期)はパートナーシップと呼べる対人関係に木星の恩恵が受けやすいという意味になります。

7ハウスは、よく結婚のハウスと呼ばれるのですが、1ハウスの対向ハウスなので、「自分」に対しての「相手」「他者」。自分を見せてくれる相手です。なので配偶者やライバルなんかも含まれます。
この人は元々7ハウスが蠍座ということになるので、ちょっとマニアックというか、ディープな対人関係(パートナーシップ)が、木星がくることによって、なんだか拡がっていきそうです。笑

まぁ、これも、他の星との関係(アスペクト)をみないとなんとも言えないですが、
このように、星やサインの象意と、ハウスを掛け合わせると、その年のテーマが多種多様に見えてきます。


また、プラシーダス方式でみてみると、木星の来るハウスがソーラーサインと全く違うこともあるし、サインをまたいでることもあります。そうなると、木星のサイン移動の切り替わりが個人のレベルで見れるので、私も個人的に色々検証してみたいと思います✨



過去にとらわれない生き方。

ここ最近、占星術の説明だけが無駄に長い記事(笑)が多かったので、たまには個人的な日記でも。。


先日、こんな本を知った。

ネコは、嬉しかったことしか覚えていない。

【「猫は、うれしかったことしか覚えていない」獣医師から聞いたその言葉は、以後、私の中に生き続けています。猫は、過ぎたことを引きずることなく、うれしかったことだけを積み上げて生きていくのです。(表題エッセイより)】

「猫は、好きをおさえない」「猫は、まっすぐに表す」「猫は、落ち込まない」「猫は、誰かとくらべない」「猫は、考える前に動く」「猫は、命いっぱい生きている」……など、猫が教えてくれる、幸せのコツ


なにそれ。めっちゃ素敵な生き方やん。ネコ。

でも、同時になるほど。

だから猫って犬より長生きしやすいと言われてるのか。

確かに、もし嬉しかったことしか覚えてないなら、ストレス少ないなぁと思った。



そんなとき、ふと自分の幼馴染のことを思い出した。

ちょっと友人の話になるが、私の長い付き合いがある幼馴染(♀)は、辛かった思い出に付随する感情を自動的に忘れることができる。笑

例えば、辛かったり、ムカついたり、悲しかったりしたことがあって、

それが特に印象的なことだと、思い出すとそれに付随して感情が沸いきたり(思い出すだけで涙が出る、ムカつく等)、本当に嫌な酷いことされたら、その人に対する印象とか、もうその人と関わらないようにしようなど、多少あるかもしれないが

彼女の場合、その記憶はあっても、しばらく経つと、その時の感情を、現在に持ち合わせることはない。
その感情が人に向けられたものでも、その人に対して心底恨むということはない。

つまり、簡単に言ってしまうと全く根に持たない。


彼女は、以前、幾度となく酷い目にあわされた女性がいるが、そのときは、もちろん傷ついて、怒って、泣いて、その時の話を事細かに話してくれた。
しかし、1年後、またその酷い目に合わされた人の連絡に応じ、会いに行き、そしてまた同じような目に合っている。

もちろん、以前された事はちゃんと覚えているし、その人のことが好きというわけでも、弱みを握られてるわけでもない。


私は、何故また会いに行ったのか…と疑問に思った。

彼女曰く、「学習能力がない;」と言っていたけど、
確かに、そうかもしれない…そうかもしれないけど、なんていうか、
そういうレベルじゃない。笑


その女性だけでなく、他の違う人に対しても、基本同じ。
聞かされた私の方が、その話の内容をよく覚えていて、怒り出すくらい。笑


彼女は逆にむしろ、感情を長く覚えてることができないみたいで、
楽しかったことも、悲しかったことも、彼女にとっては、そんなに大差ないように思える。笑


とにかく、全然ひきずってない。

故に、後悔したことがないのだそう。


いや、正確には、あったとしても覚えていない。後悔したこと自体。



そもそも、感情というのは、その思い出に付随してあるわけではなく、今この瞬間に湧き出るものだから、思い出に対して、わざわざ自分で引っ張り出してるんだよな。


世の中には、彼女のように全然ひきずらない人っているけれど

私からしたら、本当に尊敬するレベルですごいなと思う。


8ハウスの月は、サインにも寄るかもだが(特に土サインと水サイン)、感情を溜め込むので、気持ちの切り替えが下手と言われる。
かくいう私も、8ハウス月で、気持ち切り替えに時間かかったりして、自分の思いとは裏腹に、嫌というほど切り替えが本当に下手(T_T)涙

なので、気持ちの切り替えが得意な人は、羨ましい。。
私も欲しい…その機能…!笑

彼女の月の位置は出生時間が正確ではないので、不確かだが、おそらくノーアスペクトの月で、西洋占星術だと蟹座に近い双子座。インド占星術だと双子座9ハウスになるかなぁ。。
そういう人がみんな彼女のようだと言うことでは無いが、9ハウス双子座は、彼女もそうだけど好奇心は旺盛だと思う。さらに彼女の太陽は火星とトライン。彼女の実に行動的でエネルギッシュな部分に影響を与えてるかもしれない。実に興味深い。笑 




過ぎたことをひきずらないという話は、
禅僧の原坦山の有名な逸話があるので、

それを紹介して終わります。


坦山(たんざん)が若いとき、もう一人の雲水(うんすい)と修行の旅をしていた。大きな河に差しかかったが、橋も船もない。衣(ころも)を脱いで河を渡ろうとすると、若い女性が渡れずに困っている。
坦山は、なんのためらいもなく、「私が背負って渡してあげよう」といって、女性を背負って河を渡らせてあげた。その後、二人はさらに旅を続けたが、しばらくすると、もう一人の雲水は「お前は出家の身なのに、女と接したことを恥じないのか」となじった。
すると坦山は「お前は、まだ、抱いていたのか。私は河を渡ったとき、すっかり降ろしてきた」といったという。過ぎ去ってしまったことに、いつまでもとらわれずに、サラリと流して、未来に向って進むのみである――。

インド占星術と西洋占星術の違いをまとめる②

簡単にまとめるだけだったのに、簡単ではなくなってしまい、今回も例外なく無駄に長くなってますが…;汗

astro.hateblo.jp

↑ここからの話の流れの最終回です一応。笑


インド占星術と西洋占星術のその他の相違点


astro.hateblo.jp

↑これ(前回)からの続きです。
星座帯の違いから、使う星の違いを書きましたが、


ホロスコープの違い


これは、文字より、実際のホロスコープを見た方がわかりやすいと思うので、図で説明します。

まずは馴染みのある西洋占星術で使われるホロスコープです。
以前の記事で使った人を例に使ってみます。


f:id:leon8:20170911222202p:plain
2006年6月6日AM4:00東京生まれ/イコールハウス

screen capture by iphemeris


以下が、上記と同じ人のインド占星術で使われるホロスコープ南インド)です。

f:id:leon8:20170911223205j:plain
2006年6月6日AM4:00東京生まれ

西洋占星術ホロスコープに馴染みのある人は少し抵抗があるかもですが、逆に紫微斗数に馴染みがある人はこちらの形の方が馴染みあるかもしれないです。




ホロスコープの様式の種類

また、西洋占星術ホロスコープは基本大体同じ様式ですが、
インド占星術には南インド北インドホロスコープの表示の仕方に若干違いがあります。
南インドホロスコープには、サインの位置が固定され、
北インド方式は、逆にハウスが固定されています。

f:id:leon8:20170911231852j:plain
南インド式と北インド

南インドでは、サイン位置は固定されてますが、ハウスはその人によって違うので、アセンダント(インド占星術ではラグナと呼ぶ)だけ記して、そこを1ハウスとして右回りに順にハウスが決まります。
どの位置が何座というのは見ればわかるので、何座とか何ハウスとかいう記載はありません。
星座固定なので、どの天体がどの星座に入っているかわかりやすいのが特徴です。

一方、北インド方式は、逆にハウスが固定され、左回りに星座を配置していくスタイルです。星座番号は1が牡羊座、2が牡牛座…と数字を降っていきます。
上の図の数字はハウスの数字で、ここでは説明のために記載しましたが、ハウスは固定されているので通常は記載しません。(通常記載されてる数字は星座番号なのでちょっとややこしく、慣れが必要かもです;)
こちらはハウスが固定されてるので、どの天体がどのハウスに入っているかがわかりやすくなっています

日本では、どちらも使われていますが、南インドを使われている方が多い印象。東インド式というものもあるようなのですが、日本ではあまり使われていないようなので、ここでは割愛。


ホロスコープの違いの特徴


違いの特徴として、西洋占星術は、ハウス方式に種類があるため、ハウスのカスプ(境界線)とサイン(星座)が必ずしも同じになりませんが、
インド占星術は、ハウスのカスプ(境界線)はそのままサイン(星座)の境界線と同じで、ハウス=サイン(星座)となってます。

この記事でもハウス方式については少し触れてますが、
astro.hateblo.jp



西洋占星術でいうとイコールハウス方式みたいな感じです。
つまり、ハウスとサインが完全に一致してます。




星座のズレ


では、これらを踏まえて、
先ほどのインド占星術ホロスコープを見てみますと。。。

f:id:leon8:20170911230253j:plain

記号はAS=アセンダント、Su=太陽、Mo=月、Me=水星、Ve=金星、Ma=火星、Ju=木星、Sa=土星、Ra=ラーフ(ドラゴンヘッド)、ke=ケートゥ(ドラゴンテイル)、Rは逆行の意味です。


西洋占星術とインド占星術では天体の星座が大体ずれてますね。

この人は西洋占星術では、太陽は双子座ですが、インド占星術だと、牡牛座です。
前回の記事で書きましたサインを区切る基準システム(トロピカル方式サイデリアル方式)の違いの差によるズレなのです。

度数によっては、ズレない天体もありますが、この例の人は、アセンダントを含むすべての天体のサインが変わっています。

西洋占星術とインド占星術で天体が変わる人もいるかと思いますが、たまに、「射手座だけど、蠍座っぽいな…」と思ってた人は、もしかしたら、こういう部分でわかるかもしれません。
逆にどっちも変わらないという人は、その星があるサインが、かなりその人本人に影響を与えていると言えるでしょう。




使うアスペクトの違い

   →第1種(メジャー)アスペクト(0°、60°、120°、180°)、
   →第2種(マイナー)アスペクト(30°、45°、36°、150°)、
   →第3種(マイナー)アスペクト(75°、40°、51.4286°、135°、144°)

   →基本、0°(同じハウス)と180°(対向のハウス)のみ。
   →火星と木星土星だけはこれに+独自のアスペクトがある。
   →ハウスともアスペクトを組む


西洋占星術は、アスペクトの種類が複数あり、星と星の度数の角度を正確にとります。しかし、ぴったりの角度だけをとらず、その角度に許容範囲(オーブ)をとるのがほとんどです。
例えば、オーブ(許容度)を5度とした場合、正確なコンジャクション(0度)の角度をとる前後±5度までの角度なら、「コンジャクション(0度)のアスペクトがある」とします。
さらに、使用するアスペクトやオーブが占星術師によって違ったりします。


一方、インド占星術では、基本的には、その星が何度の位置にあろうと、同じ部屋に星がある、または、対向の部屋(その星から数えて7番目の部屋)に星があれば、「アスペクトがある」として成立します。
そのため、オーブ(許容度)は存在しません。

また、火星土星木星だけは、上記+それぞれ独自にとるアスペクト(例:木星木星在住室から5番目と9番目など)があります。


また、以下のように、天体が入っていなくても、ハウスに対してアスペクトを見ることもあります。

f:id:leon8:20170916123553j:plain
※AS(アセンダント)が山羊座の場合、1ハウスは金星と太陽からアスペクトを受けてると解釈する

このようにインド占星術は、ハウスの区切りが明確で、度数に関係なく天体が入ってるそのハウスから何番目という数え方をするので、術者によっての差異はなく、誰がみてもアスペクトがわかりやすいです。





******

ここで紹介したのは、ごくごく初歩的で代表的な部分ですが、その他にもっと多くの技法や、インド占星術独自のシステムがあります。。。が、ちょっと長くなりすぎたので、ここでは割愛します…




ベースとなる価値観・考え方の違い・まとめ


最後に、価値観と考え方の違いについて触れたいと思います。

インド占星術西洋占星術との違いは、これまで書いてきたように多々ありますが、特に大きいなと感じる部分はやはりその世界観というか解釈の違いです。

インド占星術は、過去世からの因縁・業(カルマ)があり、その宿命を受け入れるというのが前提な感じなので、輪廻転生を繰り返し、欲=煩悩を捨てて、解脱を目指すというような価値観に基づいています。

なので、西洋占星術とは価値観が異なり、西洋占星術で吉とされることでも、インド占星術では凶とされます。

この辺は以前の記事で違いを書いた東洋占術と似ていて、吉凶の判断が厳しいです。努力でなんとかなる部分と、努力ではどうにもならない部分がはっきりしています。

絶対宿命論。

この辺は紫微斗数(欽天四化派など)に近いものがあります。
紫微斗数西洋占星術インド占星術と似ていて、東洋占術らしく流派によって占断が全然違います。
紫微斗数との関連についてはまた今度まとめられたらまとめたいです。


このカルマ(宿命論)と自由主義の価値観が、大きく違います。

まぁインドの時代背景を考えると、カースト制があったように、王族が平民と同じ星の命(カルマ)であったら話にならないので、インド占星術のこのような部分は徹底してます。

以前にも書きましたが、そうやって考えると、西洋占星術自由主義的な解釈の傾向が強いのかもしれないです。

これは欧米的な価値観の違いかもですが。



あえて簡素に言うなれば、インド占星術古典重要視で、西洋占星術現実重要視という感じがします。

戦後、欧米の考え方が入ってきた時代背景もあって、現代の日本では、西洋占星術が合ってるような気もしますが、
前回の記事でも書きましたが、だからといってどっちが良い悪いとかではないんだな、と思います。


古典をベースとした上で、今の占いがあるなと思うので、古典というのは、やはり全ての物事の原点でもあるし、古典には古典の重要性や良さがある。
また、物事を動かすのはいつの時代もその時に対応した斬新なアイディアや新鮮さだったりするので、時代に合わせて対応していける現代の占術は、その柔軟性が良さでもあります。

どっちもそれぞれの考え方から、それぞれの良さがあるんだな、と思いました。




以上、全然まとまってない感あり、長くなりましたが、ここまで読んでくださってありがとうございます…!
とりあえず、インド占星術と西洋占星術の違いについてでした。





インド占星術と西洋占星術との違いをまとめる①

インド占星術について、

↓前回からの続きです。

astro.hateblo.jp

今回は、現代に馴染みのある西洋占星術との違いについて主にまとめます。
そして例外なく長くなったので、さらにわけました。。笑

インド占星術と西洋占星術の共通点と相違点


西洋占星術の特徴の1つとして、目立った流派が存在しないことです。
しかし、東洋占術には流派が複数存在しています。
インド占星術も、パラシャラー占星術、ジャイミニ占星術クリシュナムルティ占星術などいった異なった占術技法があります。
一般的に、インド占星術と言われてるのは、パラシャラー占星術のことを指しますので、ここでもそれをメインに違いをまとめます。

ということで、基本的には出生図(ネイタル・ラーシ)を両方の占星術で見た場合の主な違いや共通点などを主に整理していきます。

まずは共通点から。

共通点


古典の西洋占星術を汲んでる流れで、使用する概念(サインやハウスなど)は同じですが、インド占星術と西洋占星術でそれぞれ異なる意味で解釈しているという細かい差異はあります。


  • サイン(12星座)の概念
  • 天体の概念
  • ハウスの概念
  • 占術の用途の種類

  (インド占星術にも、マンデーンやホラリー、エレクショナルなどがある




使用する星座帯の違い


まず一番大きいところでいうとここです。
サインの概念は同じくありますが、そのサインの位置を決める星座帯のシステム(サインを区切る基準の方式)に違いがあります。

星座帯とは、つまりホロスコープの円周になる、黄道12星座のことですね。

  • 西洋占星術  →トロピカル方式
  • インド占星術 →サイデリアル方式


このブログは西洋占星術の記事も扱ってるので、ちょっとここはもう少し詳しく説明を入れておきます。



トロピカル方式とサイデリアル方式


↓ここで説明してるサインの区切り方がトロピカル方式です。
astro.hateblo.jp


つまり、毎年の春分点牡羊座の起点(0度)とし、そこから30度ずつサインを区切っていくのをトロピカル方式による星座帯と言います。

でも、西洋占星術で「牡羊座(牡羊宮)」と定めている範囲は、実際の恒星である「牡羊座」にはありません。
その理由は、公転面の垂線に対して地球の地軸が傾いているため、地球の自転による歳差運動によって、12星座は毎年少しずつ東から西へずれ、実際の恒星である12星座と12星宮は位置がずれてしまっているのです。

そのため、西洋占星術では、「12星座」を恒星で出来た星座のことではなく、あくまで春分点より12区分した、指標としての12星宮(サイン)として扱っています。


一方、サイデリアル方式は、実際の恒星を元に、12サインを区切っています。
トロピカル方式では、実際の星座の名称と天空の星座の位置はずれてますが、恒星の星を基準としてるので、サイデリアル方式では常に一致します。



f:id:leon8:20170911213756j:plain



実際、トロピカル星座帯サイデリアル星座帯の差異は、現在、約24度くらいと言われています。
この差異のことを、インド占星術では、アヤナムシャ(Ayanamsa)と呼んでいます。

つまり、現在の牡羊宮と呼ばれている位置のバックの宇宙には、魚座の星々が輝いているということですね。


そうなると一見、「えっじゃあサイデリアル方式の方が正確なんじゃ…」と思われるかもしれないんですが、これは考え方の違いです。

確かに、かつては、トロピカルサイデリアルも差異はありませんでした。
差異が出たなら、かつてあったところに基準を定めようとするのは一見合理的です。

だけれど、背後にある恒星も止まっているものではなく、動いているものなので、どの星を基準にすればいいのか不明確であるという問題があります。
専門家の間で基準点が異なっているため、そうなるとホロスコープ自体変わってしまい、時期読みも全てずれてしまいます。

故に、インド占星術では、この差、つまりアヤナムシャ(Ayanamsa)の精度が大事になってきます。
この精度が、インド占星術においての精度といっても過言ではないです。



対して、トロピカル方式は常に春分点から基準を決めているので、そういったことは起こりません。

かつて、「春」とされてきたものが、時代に合わせて移ってきたなら、その「春」という季節に合わせて、12星座を区切っているからです。
春生まれ、夏生まれ、秋生まれ、冬生まれという季節感覚を大事にした方式と言えます。
つまり、サインとは季節の移り変わりなのです。
そういう意味ではトロピカル方式も合理的に思えますね。




西洋占星術では、こうした時代にあわせていける柔軟さを持ちます。
動かせる部分の「運命」に重きを置く、という観点ではトロピカル方式が合ってると思うし、

対してインド占星術は、その人の「魂」をみるということがベースにあるので、自分の生まれてきた本来の「宿命」を知るための、魂の出発点を知るという点において、サイデリアル方式を有効としているのではないか思います。



ここに、インド占星術と西洋占星術の考え方の根本的な違いが見て取れます。

どちらが良い、悪いではなく、価値観や考え方の違いですね。
この点は、違いのまとめの一番最後にまた触れたいと思います。


使う天体の違い


古典の西洋占星術や、インド占星術では、土星以遠の天体(トランスサタニアン)=海王星天王星冥王星はまだ発見されていなかったため、
太陽・月・水星・火星・金星・木星土星の基本7天体で見てきます。


  • インド占星術    →7天体+2虚星(ラーフ・ケートゥ)




ラーフケートゥというのは、西洋占星術でいうところの、ノード*2ドラゴンヘッドとドラゴンテイル)のことです。
インド占星術では、ドラゴンヘッド*3をラーフ、ドラゴンテイル*4をケートゥと呼び、虚星として扱っています。


また、凶星とされる星も違います。

西洋占星術では、凶星といえば、基本的に、火星・土星+トランスサタニアン(海王星天王星冥王星が上げられますが、現代の西洋占星術では、あまり「凶」と決めつけていません。
凶というのは、作用が極端だったり強いというだけであり、「凶」か「吉」となるかは人による、

という心理的な観点を生かした、非常に現代らしい西洋占星術の考え方が主流となってきていますが、(古典の西洋占星術は別)


一方、インド占星術での凶星は、「凶」とはっきり決まってます。笑

火星・土星・太陽・ラーフ・ケートゥです。


金星と木星吉星とするのは同じです。
月と水星は、場所によって吉凶が変わるため中性と(月は弱い吉星とも)されています。


また、西洋占星術とインド占星術では、天体それぞれに与えられる意味が若干違います。

例えば、女性にとっての夫は、西洋占星術では「太陽」をみますが、インド占星術では、夫を意味する星は「木星」になります。


他にもありますが、こうした細かい違いがあったりします。




重要視する星の違い


f:id:leon8:20170724195551j:plain


先程の凶星の扱いの違いで、太陽がありましたが、西洋占星術に太陽が凶作用というのはあまり聞きません。
しかし、インド占星術では、太陽は凶星に位置づけられています。

なぜなら、太陽は、インド占星術では「エゴ」とされているからです。これは根底にあるインドの思想と関わってる感じがします。。


以前の記事でも触れましたが、インド占星術は、宿曜とも関わりが深く、月をとても重要視します。
そのため、月ラグナといって、月でもアセンダントをとることができます。

西洋占星術では、太陽は目的意識として重視したり、性格分類としても使われますが、インド占星術では性格は、太陽は使用せず月でみます。


さきほどの、サインを区切る基準の方式の違い(トロピカル方式サイデリアル方式)の話にもありましたが、西洋占星術は、季節感覚を大事にする占星術で、春分点を基準とするトロピカル方式を採用します。季節って、つまりは太陽の動きのことなんですね。

そういう意味でも、西洋占星術にとって太陽を重視する意味がみてとれます。


なので、この違いは結構大きい気がします。







*****

ざっとこんな感じですが、あとは、これらをふまえたホロスコープの違いなどを次回書いて終わります。。!笑









*1:西洋占星術には、実在する星以外にも、小惑星や、計算によって導き出されたポイントがたくさんあり、どれを用いるかは占星術師によって違う。

*2:実在の惑星ではなく、計算によって導き出される、月の軌道(白道)と太陽の軌道(黄道)の交点のこと。この地点の近くで新月・満月が起こるときは、日食・月食になる。ヨーロッパでは、日食・月食が起こるポイントを空飛ぶ竜が太陽と月を食らう姿をイメージしたことから、星が姿を消す2つのポイントを竜の頭(ヘッド)と尾(テイル)になぞらえて、ドラゴンヘッド・ドラゴンテイル(一般に昇交点・降交点)とも呼ばれる。これら2つの点は正反対に位置し、約19年で1周する。

*3:黄道に対して月が北上するポイント(昇交点)

*4:黄道に対して月が南下するポイント(降交点)

インド占星術についてまとめる。

9月になりました。そして8月はまさかの1回しか更新できてない…!!!というすっかりご無沙汰更新に戻っています(・・;)笑


今回は、前回の記事や、他のでもちょいちょい出てきているインド占星術について、ここらで一度ちょっと触れておきたく。
インド占星術って一体何なの??
ってところから、
西洋占星術とどう違うの??
という2点に絞って、ごくごく初歩的な部分を簡単にまとめてみようと思います。今後の記事のためにも。笑

そして例外なく長くなったので、記事を分けました。笑
今回はインド占星術についての概要です。



インド占星術とは?


インド占星術については、以下の記事でも少しまとめてますので内容は少し被りますが、概要を再度触れときます。

astro.hateblo.jp

インド占星術は、西洋占星術に比べたらまだまだマイナーな占星術ですが、近年は紫微斗数よりはメジャー感が出てきてます。笑


西洋占星術に然り、占術全般は全てものすごく奥深いんですが、紫微斗数とインド占星術は、ロジックが明快です。

インド占星術は、「Jyotish(ジョーティッシュ=光の科学)」と呼ばれる名のとおり、論理的で再現性が高く、直感型というよりかは理論×理論で導き出していく占術なので、理詰めで考えていく東洋占術がお好きな人や、勉強好きな人は結構好きかもしれません。

しかし、その発祥経緯やその特徴から、非常に奥深くマニアックで面白い占術であることがわかります。


歴史と発祥とその特徴


f:id:leon8:20170323200509j:plain


一説によると、インド占星術の発祥の歴史は5000年ほどあるとも言われています。


ギリシアからの発祥説と、古来インドより発祥したという説があり、
諸説ありますが、上記の図は、一般的に言われている流れ(ギリシア発祥)です。

しかし、よく調べてみると、インド占星術の大元を書いたとされる人は、紀元前3000年より前とされ、その時代より前のインドで天文学の記述が確認されるような考古学的証拠も発見されているようなので、インド占星術の歴史は、実はもっと古いとみている見解もあるようです。



どちらが発祥元かは定かではないですが、インド占星術の手法は、使ってる惑星とか、ベースは古典の西洋占星術に近いですが、そこには、インド古来の考えや、東洋占術の古典(宿曜)も含まれていて、感覚的には、まさに東洋と西洋の融合(ハイブリット)みたいな感じで、なかなか味がある面白い占星術です。


そして、なんといってもその特徴は、その占術自体がヒンドゥー教の思想や世界観と一体化しており、「ヴェーダ」と呼ばれる思想・文献と関連が深く、ヨガや瞑想、宗教の思想など含めて総合的な体系として確立されていることです。


ヴェーダとは紀元前1000年頃から紀元前500年頃にかけて口承によって伝えられた、古代インドのバラモン教聖典を構成する一連の宗教文献の総称のことを言います。文書になって記録されたのは、かなり後世になってからだとされています。

これら難解なヴェーダの教えと呼ばれるものにはいくつか種類があり、さらにその教えを読み解く際に事前に習得しなければならない基礎の1つに「インド占星術」があります。


f:id:leon8:20170909231421j:plain




なので、占星術と一口に言っても、その占星術単体で独立しているというわけではなく、この大きな枠組みの体系を構成しているうちの1つということですね。



なので、例えば、他の命術だと、「運命」を読み解くだけで、それに付随した「開運」においては、風水を使ったりなど、別の観点を持ってこなくてはなりませんが、インド占星術では、体系に基づいているため、そういった処方(クリスタルやマントラ、ヤントラ、アーユルヴェーダなど)も全て含んで処方できるようです。



うーん。ここまでだけでも、なんかもう、すごく壮大…
しっかりした体系が構築されている感ありますね…




一度の人生ではマスターできない占星術…?!


ところで、なんでインド占星術記事なのかという流れの話を少し…

というのも、西洋占星術を始めた最初の頃に一度「インド占星術」って何だろうと思って、概要だけ勉強したことがありますが、用語がインドの言葉で覚えにくく少々とっつきにくいのと、東洋占術のように結構吉凶がきつく、カルマなど、なんだか重々しいことが多くて、複雑で難解なため、その後、敬遠してました。

しかし、四柱推命紫微斗数などの東洋占術の勉強を始めてから、東洋の吉凶の鋭さになれたのと(笑)、インド占星術紫微斗数は、発祥元が同じなだけあって、結構共通点が多くて似てることに気づき、徐々に再度興味を持ち始め、
さらに、元々、西洋占星術で、ハウスと惑星の馴染みがあったのと、潜在意識の研究の一環で調べてきた悟り(禅)などの関係と、インド占星術の根底の思想(ヴェーダがほぼ繋がっていて関連が深い感じがしたので(多分ここが一番大きい)、あれよあれよと、今度は驚くほどすんなりと入っていきました。笑


インド占星術において、一番根底にある思想概念に、「輪廻転生」や「カルマ」「魂」等にあると思いますが、それはウパニシャッドというヴェーダの哲学書に由来しています。
インド占星術は、それらに基づいて理論が構築されているため(インド占星術における人生の最終目的→解脱)、どっちかというと、西洋占星術から入るよりかは、そういった思想に馴染みのある人の方が入りやすい占術だなぁと感じました。

逆にインド占星術は、魂の流れを読むため、輪廻転生とかその人の宿命とかカルマとか、そういったものに抵抗のある人は、入りにくいような気も。。


なので、占術的には、だいぶクセが強いΣ(゜Д゜)(千鳥ノブ風)
かもしれないですね。笑

でもその分、人知では到底はかり知れないこととかも出生図に出てきて、面白いです。笑



そんなわけで、インド占星術を深くみていくことは、結果的に同じ潜在意識(人の心と宇宙のしくみ)の研究に繋がる(ヒントになる)のでは?!という感じがしたため、インド占星術も研究の対象となったのですが……

その奥深さは底が見えないほど深淵で、インド占星術をマスターするには、人の一生1回分じゃ到底足りないとまで言われているようです。。笑

そう言われてるだけあって、奥深すぎて、これを本当にちゃんと使いこなそうものには、ちょっとやそっとかじっただけでは、なかなかに難しいなぁと感じます。笑

なので、インド占星術をやられている人は、占術はそれ1本(メイン)でやってる人や、一生かけて研究してる人が多いみたいです。






今回は、インド占星術について、本当にごくごく簡単にまとめただけなので、次回は、この続きで、西洋占星術との違いについてまとめます。