読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星を研究する人

星や宇宙、占星学、タロット、心理学、潜在意識やスピリチュアルなものから日々の雑記まで綴ったりするブログ

【タロット考察】大アルカナ_Ⅰ.魔術師

 

前回の記事に引き続き。今日も描きます。

astro.hateblo.jp

 

 

 

Ⅰ.魔術師

 

 

f:id:leon8:20160417224842j:plain
てるてるちゃんタロット(ウェイト版タロット風)

 

 

情熱を表す赤い薔薇と、純粋さを表す白い百合に囲まれ

右手に空高く魔法の杖*1を掲げ、

左手は大地を指して、天地のエネルギーを示す

頭上には無限を表す無限大∞のマーク

腰には永遠を表す古代のシンボル、自らの尾を咬んだ大蛇ウロボロス

テーブルの上には、四大元素をそれぞれ象徴した小アルカナを構成するスート、「棒(ワンド)」「聖杯(カップ)」「剣(ソード)」「金貨(ペンタクル)」

何でも創りだすことができる。

クリエイティブな意志と無限の可能性。

 

 

 

 

1はスタートを表す1で、0の何もないところからの1への流れはまさに、無から有へ生み出す創造エネルギーに満ちている感じです。

西洋占星術でも「1」という数字は牡羊座=始まりを表す星座であるのと同じように、魔術師の「1」も独創的で物事のはじまりや新しい状況を意味します。このカードが出たときは、明確な意思のもとに行動してよいときなのだと解釈しています。

 

机の上には、四元素を象徴したスートが揃い、準備満タンといった感じです。

足りないものはなく、チャレンジする勇気があります。

頭の上にある無限大∞のマークは、タロットでは伝統的に"レムニスケート(lemniscate)と呼ばれ、まさに何でも作り出せることを示しています。

 

何か問いかけてこのカードを引いたとき、それを知るのはあなたで、全てが揃っていて、あとは貴方が行動していくだけだ、と、魔術師のカードは告げています。

 

 

もし、このカードが悪い意味としてでるとするならば、準備不足。

魔術師は「どの道具を使えばいいのか…」と優柔不断。

いずれにしても心の迷いが出てしまい、次のアクションに移れないといった感じです。魔術師の良いところが出ていません。

つまり自信が持てていないため、スタートができないのです。

今は準備段階であることを教えてくれています。

そんなときは、準備をしっかりし、技術習得に励むなどして、自信をつけてください。

 

そうして本来「魔術師」の中にある、0から生み出していく力強い意志、勇気をもって、自身に眠るクリエイティブな力を目覚めさせよう。

 

自分の持ちうる才能、能力、前向きなエネルギーを有効に活用して、

望む未来を創造していきましょう。

 

自分自身の未来を創造出来るのは、貴方だけなのだから。

 

 

 

 

 

 

*1:ここでは錬金記号を杖の先端とリボンの結び目に記す