星を研究する人

星や宇宙、占星学、タロット、心理学、潜在意識やスピリチュアルなものから日々の雑記まで綴ったりするブログ

アストロダイス+タロットで練習読みと検証

本日太陽が双子座に移動しましたね。

自分は太陽が双子座なので、太陽回帰が近づいてまいりました。


前回の記事どおり、毎日は難しいですが、それでもアストロダイスをもっと使おうと、最近は積極的に使っております。

この前は、ちょうど久々の飲み会がありまして、その飲み会は開催も曰くつきというか、自分の中での課題(土星)的な人というか、ちょっと苦手な人がおりまして、開催が決定してから、開催日の間までちょっと悶々までとまではいかないけど、Xデー的な意味合いが自分の中でありました。笑


ということで、ここでまた、アストロダイスを振ってみることにしました。笑

一応、質問は、「その日の飲み会の自分の過ごし方はどうしたらいいか。」ということで訪ねてみました。



で、出たのがこれ。



f:id:leon8:20170521145725j:plain



■アストロダイス

牡羊座
・火星♂
・1ハウス

■タロット

・カップ(杯)の2




な、なんと…。笑


火星は牡羊座の支配星(ルーラー)ですし、
1ハウスも牡羊座のハウス……
サインも牡羊座って……


これもうめっちゃ牡羊座



牡羊座といえば、12星座の春分点から始まる1番はじめの星座。

魚座の海からポンっと飛び出てくるイメージ。個性。

考えるより先に行動しているような。思い立ったが吉日的な。直感的で衝動的で積極的。

疾風怒濤のパイオニア。その瞬発力でスタートダッシュが得意な短距離選手。

牡羊座と関係している1ハウスはまさに「自分」「アイデンティティ」を表す部屋です。

情熱と行動の星の「火星」が支配星です。


こんなの出たら、めっちゃ牡羊座的な感じ(周りのことは気にせず、とにかく自分(直感)を信じて突き進め!!)と言われているような気がしました。笑


あんまり深く考えない方がよさそうということですね。




そして、タロットはというと、カップ(杯)の2。こちらは感情的なカードが出ました。


f:id:leon8:20170521145905j:plain


また杯のスートです。最近多いな杯(感情)のスート。


カップ2って、1組の男女が杯を持って向き合ってるなんとも恋愛的なカードですが、
初めて引きました。笑

カップの2は、絵柄にあるように恋愛や結婚などを意味するのですが、お互いの気持ちを伝えあったり、心を開いて、交流を楽しむという意味もあります。


実際に、心開けるかどうかは別として、とりあえず、これは明らかにその苦手な人に対して言っているのだとわかった。笑


まぁ飲み会だからな。このカードもなんか飲み会っぽいし。笑

まぁ悪いことにはならなさそう。

ダイスと組み合わせて読むと、自分の思うがままに、単純に交流を楽しもうと思う。










で、後日、その飲み会の結果の検証なんですが、

アストロダイスに、「その日の飲み会がどうなるか」ではなく、「どう過ごしたらいいのか」という聞き方だったので、よくよく考えたらあまり検証にならないかも。と気付く(遅い)


私は最初の牡羊座♈×火星♂×1ハウス意識したのもあって、

今日はとりあえず、ごちゃごちゃ考えるのはやめて楽しもう、と思って、自分の好きなようにワインをどんどん飲んでたら


飲みすぎて、めっちゃ酔っぱらいました。笑


お酒は強くも弱くもないですが、自分でも酔ってるな、とわかるくらいふわふわしてて、とにかくアホみたいにすげー喋ってて、ほんとめんどくさい人だったと思う。笑



カップの2ですが、とりあえず、心を開くというよりかは、アストロダイスのが強めに出た感はあります本当。。

でも帰りの電車で、偶然にもその当の苦手な人と2人になることがありましたね。。でもめっちゃ酔ってたんで結構適当だった気が。。
笑いながら結構相手に酷いことも言ってた気がしますが、まぁでも「交流」は心から楽しんでた…とは思う(結構飲んでたので)笑

まさに火星×牡羊♈といったところです。



しかし、家に帰宅してから、急に冷静になり、猛烈に「死にたい」感が。笑


幸か不幸かお酒飲んでも記憶は無くならないので、なんていうか、失態の部分だけクローズアップされて……羞恥心で死ねそうでした。


本当に終電逃しそうになるし、お酒飲みすぎて次の日お腹下るし、久々のお酒で飲みすぎるとか最悪ですね。笑
もうたいして若くもないのだから、もう少しセーブすれば良かった。笑



そういや占星術の勉強会が飲み会の前にあったので、そっちでこの飲み会のこと聞けば良かったかな。。。笑





というアストロダイス検証日記でした。
またなにかイベントがあるときはアストロダイスを振って読みの練習に使おうかと思います。